税理士になるための総合サイト

税理士になるためには何から始めたらいい?

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

税理士は税の専門家

税理士には、税理士資格を持っている人しかできない独占業務があります。 「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」です。 この3つの業務は税理士の独占業務ですので、税理士しかやってはいけません。 このページでは税理士の独占業務や税理士の仕事などについてまとめます。

税理士ってどんな仕事?

税理士の仕事は、会社にとって非常に重要なものです。
税理士は会社のパートナーと言っても過言ではありません。
税理士は、頼れる税の専門家であり、税務代理、税務書類の作成、税務相談など、様々な業務を行います。
税理士は主に、税金のことに関する業務全般を、個人や中小企業を相手に行います。
会計士とよく似ていますが、税理士にも会計士にも「独占業務」があります。
独占業務とは、「その資格を持っている人にしかできない仕事」のことです。
家を借りたことはあるでしょうか。
そのときには、まず不動産に行き、内見をしますよね。
そのときに案内してくれる担当の方と、家を決めた後に不動産屋の事務所で住宅の説明をする方は別の人ではありませんでしたか。
これは、宅地や建物の賃貸の仲介をする際に、宅地建物取引主任者という資格をもった人しか、重要事項説明をしてはいけないという決まりがあるのです(宅建業法)。
この重要事項説明書が、宅地建物取引主任者の独占業務です。
同じように、税理士にしかできない独占業務と、会計士にしかできない独占業務があります。
税理士と会計士の違いや独占業務については後述します。
この記事では、税理士の仕事や会計士の仕事についてや、どうやって税理士になるかなどについてまとめます。
中小企業を経営する方や個人事業を始める方にとっては、税理士は非常に心強いパートナーとなります。
税理士の仕事は非常にやりがいのあるものです。
是非最後までご覧ください。

税理士と公認会計士の違い

税理士の仕事と公認会計士の仕事の違いをご存知でしょうか。 なんとなく、お金にかかわる仕事をしているというイメージはあるかと思います。 税理士と公認会計士はそれぞれの独占業務があり、役割が違います。 このページでは税理士の仕事と公認会計士の仕事についてまとめます。

税理士にどうやってなるか

税理士になるためには、年1回8月に実施される、税理士試験に合格するのが一般的です。 税理士試験には受験資格があり、学歴や資格などのどれか一つを満たさなければ試験を受けることができません。 どのような手続き、試験、資格が必要となるのかここで見てみましょう。