税理士になるための総合サイト

>

税理士は税の専門家

税理士の仕事

税理士は税金のプロフェッショナルです。
税理士は税理士事務所に勤務していることが多いですが、経験を積んで事務所を開業する方や、企業内で税に関する助言をする方もいます。
税理士には、税理士のみが行うことのできる「独占業務」があります。
税理士の独占業務は「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の3つです。
税金を納める本人の代理として、納税することを税務代理といいます。
税金は自己申告で納めることになっていますが、これを本人の代わりに納めることは税理士にしかできません。
ですので、だれかの代わりに納税書類を提出することは、違反行為になります。
これは、税務署で直接に税金を納めるときもそうですが、電子申告で知り合いの脳性書類を代理で送ることも含まれます。

税務書類の作成と税務相談

多くのサラリーマンは年末調整をすれば、所得税の清算がされますので確定申告は不要ですが、経営者や個人事業主の場合は確定申告の義務があります。
確定申告は、本人が行う分には何の問題もありません。
しかし、確定申告の手続きは慣れないとなかなか難しく、慣れるまではだれかを頼ることになります。
その場合、税理士免許を持たない人が代わりに税務書類の作成をしてしまうと違反になるので注意してください。
税務相談は、納税額の計算など税金に関する相談のことです。
税金に関する知識があっても、資格を持たない人が相談を受けて、答えると独占業務の侵害にあたることがあります。
確定申告に必要となる書類は多く、慣れない人にとってその手続きは極めて面倒で大変なものです。


この記事をシェアする