税理士になるための総合サイト

>

税理士と公認会計士の違い

税理士

税理士の仕事と会計士の仕事は、何となくはわかりますが、「どちらもお金に関する仕事をしているのだろうな」くらいのイメージではないでしょうか。
税理士の仕事は、既に申しました通り独占業務である「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」です。
具体的には、企業や事業主に対して節税のアドバイスをしたり、相続税対策の相談を受ける、贈与税の申告や書類作成の代行業務を行います。
顧客は主に中小企業や個人事業主などです。
財務面での助言や納税対策をして、企業のパートナーとして利益に貢献することが仕事です。
税務調査の対象となった企業の代わりに、税務調査対応をすることも重要な業務です。
会計士に比べて税務や資産税に強いのが税理士です。

会計士

会計士は、税理士に比べて株式評価や上場対策に強い仕事です。
会計士の独占業務は「財務書類を監査すること」と「財務書類の内容を証明すること」です。
つまり公認会計士の仕事は、企業の財務書類の内容が正しいかどうかを見ること(財務書類を監査)だけでなく、その書類の内容が正しいこと(財務書類の内容を証明)を第三者に証明します。
つまり、企業の信頼性を担保することが仕事であり、誰に信頼性を証明するかと言えば、資金を出してくれる投資家たちです。
必然的に会計士の顧客は大企業が多くなり、書面上の金額も税理士より多額になることが多いです。
税理士は中小企業を中心に取引して税務署や金融機関を意識して働くことが多いです。
たいして公認会計士は大企業と取引して、株主や投資家を意識して業務を行う傾向があると言えます。


この記事をシェアする