税理士になるための総合サイト

>

税理士にどうやってなるか

税理士になるために

税理士法第3条第1項に規定があり、「試験科目すべてについて免除されたもの」「弁護士」「公認会計士」になることです。
弁護士や公認会計士になれば、税理士の資格もついてきますが、この記事では置きます。
税理士試験に合格するのが一般的な方法です。
税理士試験は例年、毎年8月の第1週の火曜日・水曜日・木曜日に行われます。
場所は全国の税局・国税事務所です。
試験科目は必修2科目と選択3科目の5科目です。
必修科目は簿記論と財務諸表論、選択科目は所得税法・法人税法・相続税法・消費税法または酒税法・国税・徴収税・住民税または事務税・固定資産税です。
選択科目のうち所得税法あるいは法人税法のどちらかは選択しなければなりません。

税理士試験の受験資格

税理士試験の受験資格は、学歴、資格、職歴により決まっていて、いずれか1つを満たせば受験できます。
学歴による受験資格では、「大学や短大で法律学や経済学の単位を1科目以上履修した」ことが条件です。
そのため、大学に通ったことがある方であれば多くの方は受験資格があるかと思います。
どちらも満たさない方は専修学校に通うか、公認会計士試験の短答式試験に合格すると受験資格が得られます。
また、日商簿記検定一級合格者、全経簿記検定上級合格者であれば受験資格が得られますので、いずれかの方法をとりましょう。
いかがでしょうか。税理士の門戸は意外と広く取られていることがお分かり頂けたと思います。ご自身がどの受験資格に該当するかを詳細に調べておくと良いかもしれません。


この記事をシェアする